どんな手術があるの?いぼの手術 NAVI

液体窒素で除去

いぼを液体窒素で除去する手術方法

いぼの治療といえば、液体窒素を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?そのイメージの通り、現在でも多く用いられる治療法のひとつです。液体窒素によって、いぼがある部分の細胞ごと壊死させることで除去することが出来ます。液体窒素は-196度というとても低い温度です。これを患部に当てることで、低温やけどを起こし、細胞を破壊します。1度の治療で完治させるのは難しい方法ですが、今までの症例が多いことから安全性の高い治療法であるといえます。また、液体窒素は、特別な許可がなければ取り扱い出来ません。
そのため、専門医にしか治療は行えず、患者側としては安心して任せられるでしょう。治療を何度か受けると、皮膚が再生しようとして、いぼの根っこ部分がどんどん表皮に向けて盛り上がってきます。これによって、しっかり原因を取り除くことが出来るのです。この治療法は、「冷凍凝固法」とも呼ばれ、他の病気などの治療にも用いられています。美容外科や美容皮膚科に限らず、外科を備えている医療機関であれば、ほとんどの医院で受けることが出来ます。メスを使うこともないため、切る治療に対して抵抗がある人も安心の治療法だといえるでしょう。

液体窒素で除去するメリット・デメリット

まず、メリットとして挙げられるのが、確実性が高いという点です。いぼ以外の外科治療にも用いられている方法であり、症例数も多いため、その効果は折り紙つきです。また、リーズナブルに利用出来るというのも大きなメリットだといえます。液体窒素を用いたいぼ治療は、保険が適用されます。そのため、自己負担額が少なく済むのです。『メスを入れるのがイヤ!』でリーズナブルに治療を受けたいのであれば、この方法です。逆にデメリットを挙げるなら、人によっては強い痛みを伴ってしまうという点です。
液体窒素によって低温やけどを起こすので、痛みを伴ってしまうのはどうしようもありません。しかし、相談をすれば局部麻酔を行ってくれる場合もあるので、痛みに弱い人は事前に相談しておきましょう。また、この治療を行うことで色素沈着を起こす可能性があるというデメリットもあります。この症状が出るかどうかは、部位や個人差によって変わります。どうしても色素沈着が嫌であれば、他の治療法を選択した方が確実でしょう。このような点から、液体窒素による治療法は、『なるべく費用を抑えて、目立たない部位のいぼを確実に除去したい』という人に適した治療であるといえます。

  • 【メリット】保険が適応される/治療が簡単
  • 【デメリット】色素沈着をおこすことがある/痛みを伴う

いぼの手術ができる!いぼの手術でオススメのクリニックを見る

美容コラム

あの野菜を使っていぼを治療出来る?

いぼは、昔から人々を悩ませ続ける厄介な存在。これを治療するための方法が、昔から模索されてきました。その中で、美容外科や美容皮膚科などでは、「レーザー」や「液体窒素」などを使った治療法を用いています。しかし、これ以外にも効果的といわれている民間療法があります。それが、「茄子」を使った方法です。元々いぼは、肌が弱っているときにウイルスに感染して出来るもの。ハトムギに含まれる「ヨクイニン」という成分が、ウイルスに対する抵抗力をあげる効果は知られており、内服薬の治療でも多く用いられています。
それと同じように、茄子にも優れた成分が含まれています。それが、「植物性アルカロイド」です。この成分は、他の病気にも効果的とされており、漢方薬としても多く用いられています。この成分は、いぼにも効果テキメン。方法は、茄子を切って絞り、その絞り汁をいぼに塗布するだけ。より効果的に行うには、ガーゼなどに染み込ませ、蒸発しないようにしっかりとテーピングしましょう。他の治療法と並行して行えば、さらにその効果は期待出来ます。民間療法ではありますが、効果を実感している人も多いようです。騙されたと思って、1度試してみてもいいかもしれませんね。

いぼの手術ができるオススメクリニックを徹底解説

当サイトでは、いぼの手術を行える美容外科の中でも特に評判の良い医院だけを選り抜いています。
いぼで悩んでいる人はこの中から自分に合った美容外科を利用すると良いでしょう。
また、いぼの知識も詳しく解説しています。

オススメのクリニックを見る