どんな手術があるの?いぼの手術 NAVI

内服薬で除去

いぼを内服薬で除去する方法

ウイルス性いぼの原因は、皮膚の免疫力が落ちてしまっていること。この免疫力をアップさせるのが、内服薬による治療です。内服薬の主成分は、ハトムギに多く含まれる「ヨクイニン」です。ヨクイニンには免疫力を高める効果があり、いぼ治療に利用出来るのはもちろん、他の病気も防ぐことが出来ます。また、免疫力を高めることで、いぼの再発を防げます。治療法は至って簡単。医師から処方された内服薬を、毎日決まったタイミングで服用するだけです。
直接的な治療というわけではありませんが、効果は実証されており、いぼを綺麗に除去することが出来ます。この治療法は、他の治療法と並行すると相乗効果も期待出来ます。医療機関で処方される他に、市販薬として入手することも出来るため、非常に手軽な治療法といえるでしょう。しかし、なるべくは医師に処方して貰った方が確実だといえます。その理由は、「いぼがウイルス性で無い可能性があること」や「市販薬だとヨクイニンの含有量が十分でない可能性があること」が挙げられます。また、いぼだと思っていたものが、いぼにそっくりな悪性腫瘍だという場合もあります。この診断は医師にしか出来ないため、医療機関に行くことが望ましいのです。

内服薬で除去するメリット・デメリット

内服薬によるいぼ治療の1番のメリットは、痛みを伴わないことです。他の治療法は、局所麻酔などで痛みを抑えることが出来ます。しかし、どうしても不安がつきまとってしまうのも事実です。内服薬による治療は、上記でも挙げた通り、毎日決まったタイミングで服用するだけという手軽なもの。痛みの心配も全くありません。しかし、直接的にウイルスを排除するというわけではありません。そのため、症状の酷いいぼだと完治までに時間がかかってしまうというデメリットがあります。
また、内服薬によるいぼ治療は、ウイルス性のいぼにしか効果がありません。従って、容姿に関わる「老人性いぼ」や「スキンタッグ」などに用いても全くの無意味なのです。しかし、治療が無駄になるというリスクは、医療機関で最初に診断をしておけば防ぐことが出来ます。完治するまでに時間がかかるいぼも、他の治療法と並行して行えば、その効果はより高いものとなります。再発のリスクを防ぎながら、効果的に治療を行える補助的なものとして捉えておくと良いでしょう。手術などと比較すると、費用もリーズナブルです。そういった点から考えても、試してみる価値は十分にあるといえるでしょう。

  • 【メリット】全く痛みを伴わない
  • 【デメリット】いぼの形や種類によって効果が違う/完治に時間がかかる

いぼの手術ができる!いぼの手術でオススメのクリニックを見る

美容コラム

美容外科と皮膚科どっちが良いの?

いぼを治療する時に利用する医療機関。しかし、同じ医療機関でも目的は異なります。「美容外科」や「美容皮膚科」は、主に容姿改善を目的として美容整形を行っています。一般の皮膚科は、病気を改善するための治療を主に提供しています。では、どちらがいぼ治療に適しているのか。これは、目的によって違うとしかいえません。例えば、老人性いぼは良性腫瘍であるため、健康を害するリスクはありません。しかし、ポツポツとあらわれると、どうしても目立ってしまいます。こういった場合は、容姿の改善をするための美容外科や美容皮膚科の方が適しています。
また、取り扱っている治療法や費用で選ぶのも良いでしょう。一般的な皮膚科だとレーザー機器は取り扱っていない場合があり、痛みを伴う施術しか受けられないこともあります。しかし、多く用いられる液体窒素やメスによる切除は、保険が適用され、費用が抑えられるというメリットもあります。逆に美容外科や美容皮膚科では、レーザー機器を導入しているのが一般的です。しかし、保険適用外となるため、費用は少しかさんでしまいます。こういったメリットやデメリットを踏まえて、自分に適切な医療機関を選びましょう。

いぼの手術ができるオススメクリニックを徹底解説

当サイトでは、いぼの手術を行える美容外科の中でも特に評判の良い医院だけを選り抜いています。
いぼで悩んでいる人はこの中から自分に合った美容外科を利用すると良いでしょう。
また、いぼの知識も詳しく解説しています。

オススメのクリニックを見る