どんな手術があるの?いぼの手術 NAVI

レーザーで除去

いぼをレーザーで除去する手術方法

目立ってしまういぼを除去出来るレーザー治療ですが、この治療で切除する範囲は、いぼの種類によって異なります。非ウイルス性のいぼに関しては、皮膚より出っ張った部分のみの切除ですが、ウイルス性のいぼでは、原因となる根っこの部分まで綺麗にくり抜きます。そうしなければ、再発するリスクが残ってしまうからです。レーザーは、炭酸ガス(CO2)レーザーが用いられます。このレーザーによる手術は、美容外科や美容皮膚科で行うのが一般的です。基本的には、どのタイプのいぼにも有効な優れもの。
レーザーの出力については、しっかりと専門医が調整してくれるので必要以上に肌を傷つけるということもありません。美容外科や美容皮膚科によっても、レーザー治療の技術力には差異があります。より確実に除去したいのであれば、医院選びはきちんと下調べをして、信用出来る医師に任せるようにしましょう。この治療法でかかる費用は、大きさによっても異なります。ほとんどの場合、1mmあたりに対しての価格となっていますので、この点についても下調べをすると良いでしょう。下記から、この治療のメリットやデメリットについて、さらに詳しく紹介していきます。

レーザー除去手術のメリット・デメリット

レーザー治療には、沢山のメリットがあります。まず、いぼを除去する際に気になるのが痛みだと思いますが、この治療は痛みを感じにくいという特徴があります。希望によって、麻酔クリームや局部麻酔をすることも出来るので、痛みに関する心配はありません。また、レーザーによって、皮膚を焼き切るので出血も少なく、ダウンタイムも短いため、すぐに日常生活に戻れるというメリットもあります。いぼを繰り抜いた部位は、一時的にへこんだ状態になりますが、1週間程度で目立たなくなります。治療にかかる時間も少なく、1度の治療で完治するケースもあるので、通院や待ち時間を短縮出来るというメリットもあります。
デメリットとしては、美容外科や美容皮膚科によって費用がまちまちという点です。1mmあたりにかかる価格は、医院によって大きな差異があります。また、いぼが出来た部位によっては、レーザーでの施術が難しい場合もあります。しかし、これらのデメリットは、事前に下調べをしておけば、特に問題になるということもありません。当サイトでは、いぼ治療に定評のある美容外科や美容皮膚科を掲載していますので、そちらも参考にして医院を選ぶと良いでしょう。

  • 【メリット】出血が少ない/痛みが少ない/跡が残りにくい/再発しにくい
  • 【デメリット】費用にばらつきがある/治療に適するイボの場所が限定される

いぼの手術ができる!いぼの手術でオススメのクリニックを見る

美容コラム

いぼが出来やすい部位について

顔や体に出来てしまうと、とても気になるいぼ。実は、出来やすい部位と出来にくい部位があるとご存知でしたか?非ウイルス性の「アクロコルドン」や「スキンタッグ」、「老人性いぼ」は、首や顔などに現れます。その理由は、これらのいぼが出来てしまう原因が紫外線にあるからといわれています。どうしてもこの部位に関しては、紫外線対策が難しいので、非ウイルス性のいぼが出来やすくなってしまうのです。それに対してウイルス性のいぼは、皮膚が薄い部位、また皮膚に負担がかかりやすい部位に出来やすいといわれています。これには、肌のバリア機能が関係しています。
皮膚が厚いほど、外部からの刺激に強いというのは当然のことですね。当然ながら、それはウイルスに対する抵抗力も同様です。そのため、顔や首、足の裏などは特にいぼが出来やすい部分なのです。もちろん、他の部位にも出来ることもあります。もし、皮膚が少し膨らんでいたり、違和感があったりしたら、いぼの可能性を疑って早めに医療機関に行きましょう。そうすることで、いぼが拡散するリスクを大きく軽減することが出来ます。早期治療と予防は、いぼに限らず、どのような病気でも等しく重要です。

いぼの手術ができるオススメクリニックを徹底解説

当サイトでは、いぼの手術を行える美容外科の中でも特に評判の良い医院だけを選り抜いています。
いぼで悩んでいる人はこの中から自分に合った美容外科を利用すると良いでしょう。
また、いぼの知識も詳しく解説しています。

オススメのクリニックを見る