どんな手術があるの?いぼの手術 NAVI

切除手術で除去

いぼを切除手術で除去する方法

部位によっても異なりますが、大きないぼは切除手術を行う場合があります。良く行われるのが、レーザー治療が行えない部位です。また、完治するまでに時間がかかっているいぼに関してもこの手術が行われるケースが多いです。この手術は、メスや専用の器具によって、いぼ部分をまるごと切り抜くという方法です。レーザー治療が用いられるようになってからは、あまりポピュラーな方法ではなくなりましたが、今でも確実にいぼを除去したいという人から一定の人気があります。メスや専用器具を用いるので、麻酔クリームや局部麻酔が行われます。そのため、『手術での痛みが怖い』という人でも、問題なく治療することが出来ます。
この方法は、レーザー機器を使用するのに比べると、医師の腕によって差異が出るということも少ないです。しかし、やはり安全に治療したいならば、美容外科や美容皮膚科はしっかり選ぶべきでしょう。出血を伴う手術となるので、不安があればカウンセリングを行う時に、はっきりと医師に伝えておきましょう。そうすることで、リラックスした状態で切除手術に臨めます。この方法は、ほとんどの美容外科や美容皮膚科などの医療機関で受けることが出来ます。

切除手術のメリット・デメリット

まず大きなメリットとして挙げられるのが、ほとんどの場合1度の手術だけで済むという点です。ウイルス性のいぼは、他の部位に感染することも多く、1度の手術で完治というのは難しいです。しかし、この方法はメスや専用の器具でまるごとくり抜くという手法がとられるため、他の治療と比べても、再発のリスクは少なく済みます。また、リーズナブルに治療出来るというのも大きなメリットです。これは、保険の適用が認められるからです。
デメリットは、痛みや出血があること、傷跡が残りやすいということです。それによって、術後のケアも必要不可欠です。美容外科や美容皮膚科では、希望によって麻酔を使用してもらえるので、痛みはあまり気にかける必要はありません。傷跡や術後のケアに関しては、レーザー治療と併用することで、解決出来ます。目立ちやすい部位は「レーザー治療」、目立ちにくい部位は「切除手術」といった風に使い分けると、治療はより効果的になり、コストも下げることが出来ます。そういった点についても、カウンセリングの際に医師と相談しておくと良いでしょう。一見デメリットが多いように見えますが、有効な治療法なので選択肢に入れておくのが適切でしょう。

  • 【メリット】保険が適応される/概ね1回で終わることが多い
  • 【デメリット】出血がある/痛みを伴う/術後、ガーゼや傷薬で保護する必要がある

いぼの手術ができる!いぼの手術でオススメのクリニックを見る

美容コラム

もしかしてガン?老人性いぼに似た症状

老人性いぼは、紫外線を浴び続けることによって出来る良性腫瘍です。黒く盛り上がっていて目立ってしまうので、美を気にする女性なら除去したいと考えるものでしょう。しかし、それって本当に老人性いぼですか?老人性いぼだと思っていたものが、急に増えたり、痒かったりするならば、「レーザー・トレラ症候」という可能性があります。このレーザー・トレラ症候は、胃がんや大腸がんなどによって、引き起こされるものです。どれも重大な病気ですので、自己判断でそのまま放置したり、ケアをしてしまったりすると命の危険もあるのです。
これを素人が見分けるというのは、なかなか難しいこと。老人性いぼは、どちらにしても悪目立ちしてしまうので、1度、美容外科や美容皮膚科などの医療機関を訪ねてみると良いでしょう。美容外科や美容皮膚科の多くは、カウンセリングが無料となっています。深い知識を持っている医師に診断してもらい、問題がないなら除去を考え、問題があるならば、他の医療機関で再度しっかりと検査をしましょう。この方法は、無駄な費用がかかることもない非常に賢い方法だといえます。上手に活用すれば、「いぼ」も「他の病気」も効果的に治療することが出来ます。

いぼの手術ができるオススメクリニックを徹底解説

当サイトでは、いぼの手術を行える美容外科の中でも特に評判の良い医院だけを選り抜いています。
いぼで悩んでいる人はこの中から自分に合った美容外科を利用すると良いでしょう。
また、いぼの知識も詳しく解説しています。

オススメのクリニックを見る