いぼってなんでできるの?いぼができる原因

丸みを帯びてぷくっと膨れた種類から、潰れたように平べったい種類まで、様々あるいぼ。ふとした時に出来ていることに気付くので、『特に何もしていないのに、何が原因で出来てしまうのだろう』と、疑問に感じてしまう人が多いでしょう。
実は、いぼが出来てしまう原因は、加齢やウイルスといわれています。
『一体どういうことだ』という人のために、ここではこの2つの原因によるいぼのことについて、詳しく説明していきます。

加齢によるいぼ

年を重ねることによって出来てしまういぼ。その原因といわれているのが、長いこと紫外線に当たってきたり、年齢による肌の変化だったりによって出来る、といわれています。
まず紫外線ですが、肌の細胞を刺激し、増やしてしまう効果があります。すると、どんどん盛り上げってしまい、いぼが出来てしまいます。次に肌の変化についてですが、乾燥や紫外線の影響により、一定の年齢になると肌が衰えてしまいます。すると、首の周辺や脇の下の部分にいぼが出来てしまいます。
このいぼのことを、「アクロコルドン」といいます。間違えて引っ掻いてしまったり、衣服で刺激を与えてしまったりすると、炎症を引き起こす場合があるので注意しましょう。これら加齢によって出来るいぼは、ほとんどが良性と言われています。そのため、取らずにそのまま放置していても問題はありません。ですが、見た目が気になってしまうようであれば、取り除いてもらうと良いでしょう。

ウイルス性によるいぼ

免疫力が落ちてしまっている状態や、怪我をしてしまっている場合などの条件が揃っているときにウイルスが付着してしまうと、いぼが出来てしまう可能性があります。ウイルスが付着しているタオルを使ってしまったり、マットに触れたりしないよう、家族の中にウイルス性のいぼを持っている人はいないか、確認をするようにしましょう。いぼが出来てしまったとしても、加齢とともに出来てしまういぼと最初は大きさも変わらないので、『そのまま放置しても大丈夫だろう』と、軽く考えてしまいがちです。しかし、ウイルス性のいぼは、放置してしまうと今以上に悪化してしまうだけではなく、いぼが広がってしまったり、取り除く時にかなりの時間がかかってしまったりします。
ウイルス性のいぼは、真ん中の部分が黒くなっていることが特徴なので、もし当てはまるようないぼが出来てしまったら、早めに美容外科や皮膚科などの医療機関に行って取り除きましょう。

いぼの手術ができる!いぼの手術でオススメのクリニックを見る

美容コラム

危ないいぼの見分け方

首の周辺や腕にいぼが出来ても、気にせず放置する人が多いです。良性であれば放置しても問題ないですが、悪性を放置してしまうと、最悪の場合ガンにまで発展してしまい、取り除くまでかなりの時間が必要になってきます。しかし、『どれが良性で悪性なのか分からない!』という人が多いでしょう。そこで、危ないいぼの見分け方について説明していきます。
1つ目は、濃い黒色のいぼです。正常ないぼの色は、自分の肌の色や少し褐色系だと言われているのですが、悪性だと正常な色と大きく変わり、濃い黒色です。いぼの中心部分から始まり、全体的に黒くなっていくので、もっとも分かりやすい特徴です。
2つ目は、急にサイズが大きくなってきたいぼです。いぼは、大きくなっていくものですが、それはゆっくりと時間をかけてです。急に大きくなるようであれば悪性の疑いがあるので、すぐに診てもらい取り除くようにしましょう。いぼの大きさですが、6~7ミリ以上を超えていると危険性が高まるといわれているので、大きさにも注意しておきましょう。
これらのことを確認しておくことで、悪性のものを早く取り除くことが出来るので、いぼが出来たときは注意するようにしましょう。

いぼの手術ができるオススメクリニックを徹底解説

当サイトでは、いぼの手術を行える美容外科の中でも特に評判の良い医院だけを選り抜いています。
いぼで悩んでいる人はこの中から自分に合った美容外科を利用すると良いでしょう。
また、いぼの知識も詳しく解説しています。

オススメのクリニックを見る